日本では、あらゆる分野で名刺が使われています。氏名、会社名、役職などの入った名刺はビジネスカードとしての役割を果たしています。
名刺交換をしたい相手にただ名前を知って頂くことが目的であれば、不愉快な思いをさせない名刺交換のマナーをマスターするだけで良いでしょう。しかし、ビジネスカードとして名刺を用いる会社員、営業担当者にとってはそれでは不十分です。
名刺交換のチャンスに名刺を利用し、本来の目的(ビジネス、営業)に沿って自分や会社をPRしましょう。

手渡しのメディア(ニッチメディア)“名刺”

保存性の高い1400年の文化“名刺”の特性を活かし、名刺に会社理念・ビジョン・重点施策・新商品・ロケーション案内などをコンパクトに掲載し、メディアとして活用します。
名刺は“個人の顔”に“会社の顔”を加えたものへと様変わりし、お客様へ直接お渡しするメディア(ニッチメディア)となっています。

マスメディアとの組合せで相乗効果を!

新聞・テレビ・ラジオ等のマスメディアは広く会社PRを行う方法として活用されています。名刺はお客様との初対面で利用されますが、その際の名刺交換の時、名刺に掲載されている商品等を切り口として

自分は「何を担当しており」「御社のために何が出来るのか」

を説明し、ビジネスチャンスにつなげましょう。メディアの組合わせは相乗効果が期待出来ます。

“名刺”メディアは経済的!